14年ぶりの「ゼミ」

先月から私は14年ぶりに女子大生をしています。といってもまちがってもコスプレとか、ナリキリとか・・そんなたぐいなものではなく(笑)、週一回、福山平成大学の福井正康教授のご好意により、「経営統計学」のゼミに参加させていただいているのです。

何をいきなり・・・っていう話ですが、会社をはじめて8年弱、なんとかかんとかここまでやってきました。はじめは六畳四畳半の風呂なしアパートから始め、今では500坪を越す大豪邸住めるようになりました。 (ウソです。今もあまりかわりませんが、ありがたいことにお風呂はあります)本当にいろいろなことがありました。会社員時代と比べると、「なんでこんなに次から次へと問題がでてくるのだろう・・」と思うくらい、山あり谷あり、時には泣きながら、笑いながら、泣きながら泣きながら・・・。なんとかここまでやってきました。

そしてこの数年間で私が痛感したことは、「会社経営にマニュアルはない」ということ。「こんなときはどうすればいいんだー」ということが過去何十回あったか・・・。何十回ではすまないかもしれません。何百回いやもっとかもしれません。そんな時、私は学生時代の癖が抜けず、「わからなかったら調べよう・・」と思ったものでした。どこかにきっとヒントになる書物があるはずだーなんて思って、図書館にこもり、本屋に行き、インターネットで調べ、とにかく答えを見つけようとしました。

でも、自分の会社の経営マニュアルことなんてどっこにも書いてない。当然ですが、あるはずもないですよねー。おバカな私はそこにたどり着くまでに結構な時間を要しました。

世の中には「経営コンサルタント」という職業の方ももちろんいらっしゃって、経験や症例や独自のデータ分析をもとに適切なアドバイスをしてくださると聞いています。とてもすばらしいノウハウも持っていらっしゃる方も多いのでしょう。当社も・・・お願いしたいのは山々なのですが、その前にもう少し、私自身勉強をしなくてはお話にならないなーと思ったのですよ。恥ずかしながら・・・。

勉強と一口に申しましてもねー、なんせ小さいころから「勉強」というものは適当にしておけばよい・・というのが堀内家のモットーだったものですから(爆)、現役の大学生のときも「よく遊び、よく遊び、たまーに勉強し・・」という感じでして(ーー;)どういう勉強をしたら良いのか、悩んでおりました。

ところが先月当社も参加した「びんご産業市場」で福井先生のブースを拝見、「私もこういうの勉強したいのですが・・・」と先生に直談判。すると「ゼミ参加してみます?」と快諾してくださいました。(*^_^*)
もー うれしくてうれしくて、大興奮!
イベントが終わって翌日、すぐ大学に夢じゃないかと真相を確かめるべく伺っちゃいました。
「先生、昨日のお話は本当のお話で?」と聞きました。
「ええ、本当ですよ、いつから来ます?来週からしましょう」
「マジですか?ありがとうございます」

ってなわけで晴れて「経営統計学」の講義を受けられることに!(^^)!
現役の時は90分の授業が長ーーく感じていましたが、今はあっという間。ついていくのに必死です。アハハッ 仕方がないですよね。

でも、ものすごーーーーく勉強になり、刺激になり楽しいです。先生や、お手伝いをしてくださってる大学院生の方、それから一緒に受けてくださってる助手の方には感謝感謝です。
なんとか、吸収して当社独自の図書館を作りたいと思います。
f0118796_2133884.jpg











 
[PR]
by shipshinobu | 2006-12-12 21:33 | その他

堀内忍です(有)シップペイント藤田で常務という訳のわからないポジションについています    アスベスト診断士         静岡県旧清水市出身


by shipshinobu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る