がんばれ若者・・・・・・・・7月7日(土)

当社の職人は主に「建築塗装部門」と「船舶塗装部門」とに一応別れていて、建築塗装部門は名前のとおり、一般のお宅やアパート、ビルなどを塗装させていただいています。
これらは全て当社がお客さまから直接工事をお引き受けする「元請工事」。○○ホームさんとか○○工務店さんなどの下請け工事は一切行わないことにしているということは何回もお話させていただいてるかな。

もう一つの「船舶塗装部門」はというと、造船所の中で、とてつもなく大きな船になる為のパーツ(鉄のかたまり)を日夜塗装する、というのが船舶塗装部門。シップペイント藤田のシップペイントはここからきています。船舶塗装のページです

この二つの部門は同じ「塗装」という名前はついていて、それを行うのは職人に間違いないのですが、今日は船舶、明日は建築塗装を行うということではありません。両方それぞれ塗り方や方法が違い、それぞれを極める為、両者が交わることはほとんどありません。

しかし、この両方の技術を取得しているのが、某社長の藤田康秀と、今その見習い中の若者「油利俊夫」です。29歳になりますが、職人としてのキャリアはもう10年をこします。

自他共に認める「塗装オタク」と「機械マニア」君です。(笑)
普段は岡山県にある造船所で、一年中汗だくになって朝から晩まで塗装をしています。
休みになると「建築の仕事ありますか?」と電話がかかってきます。
そして倉敷の自宅から福山までやってくる、元気な当社の職人油利。

そんな油利は今日と明日、「塗装技能検定」に臨む事になりました。
「がんばります」と朝、事務所を元気に出て行ったのですが、夕方戻ってきたときにはがっくり肩を落として帰ってきました。
「難しかったっす!!」と一言。弱音を決してはかない彼が自分の結果に納得していない様子。

それから事務所で某社長と復習です。
f0118796_2222164.jpg

「あーなるほど」とか「それができなかったっす」とか・・・・。「・・・・・はぁ・・・・」とか。

さすがの塗装オタクも今回ばかりはちょっとこたえてるみたい。がんばれー若者ー!!
負けず嫌いの君のことだから、きっと今回の試験は良い勉強になっているよ!

それにしても「塗装」って深いなぁ・・・。
[PR]
by shipshinobu | 2007-07-07 21:49 | 現場じゃないけど仕事

堀内忍です(有)シップペイント藤田で常務という訳のわからないポジションについています    アスベスト診断士         静岡県旧清水市出身


by shipshinobu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る