<   2006年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

終わらないよ~(汗)

「今日が仕事納めなんですぅ・・」という声がだんだん聞こえてきました。
そうですよね、世間はもうそろそろ仕事納めだそうで・・・・。当社は!?

明日はこれとこれを塗って、これを仕上げて~ 明後日はここを塗って・・・・・・

って今年は何日まであると思ってるんでしょう!?それが疑問だ~!!!

平成19年1月1日開店予定の「花くらぶ」さんを今日もほぼ徹夜でしあげています。
内装もだんだん だんだん だんだん できてきています。が、ゴールはまだ遠いぞ~!!

明日は外壁の足場をとります。いよいよ外壁はお披露目になります。
たのしみです(嬉)
[PR]
by shipshinobu | 2006-12-27 23:41 | 現場にて

だれかー塗って~

この写真↓この塗装途中の写真、どこの写真だと思います?
f0118796_18504747.jpg

この写真何をかくそう、当社事務所に行くまでの写真ですの。
白い部分がサビ止めでしてー、出来上がりは青くなるはずが、この状態になってからほぼ一ヶ月ですわ。
今朝も朝礼のとき「だれでもいいからさーこれ塗ってよー」と従業員に言いましたら
「ムリですよーどこかのペンキ屋さんに来てもらって塗ってもらうか、常務塗ってください」だって。
できるわけないじゃーん(号泣)

確かにこの忙しさの中じゃムリなことはわかってるけどさー(ーー;)

だれか塗ってくれないかなーっていっても年末ってみーんないそがしいんですよね。

おっ まてよ(ニヤリ)
いたいた、暇な人!

昨日までは忙しくって世界中駆けずり回ってたみたいだけど、今朝からきっと夜勤明けで今頃爆睡してるでしょう あの人。

そう!サンタさーん!


彼だってあんなに太っていたらメタボリックシンドロームが心配だろうからもう少し運動したほうがいいに決まってるし、年金生活もねーなかなかしんどいだろうし・・(爆)。
バイトしてくれないかしら・・・。

アホなこと書いてないでお前が塗装しろーっていわれそっ 
[PR]
by shipshinobu | 2006-12-25 19:02 | 現場じゃないけど仕事

今日は冬至

そう、今日12月22日は今年の冬至だそうです。

冬至といえば・・・「かぼちゃを食べてゆず湯に入る」のが日本古来の風習ですよね。
というわけでー 本日の晩御飯にはかぼちゃ君登場↓
f0118796_2010084.jpg

ちなみにこれは私が作ったわけではなく、私の父作でした。

今日は朝から「おっ 今日は冬至だ、かぼちゃ買ってこなきゃ」とはりきってました。更に「かぼちゃは北海道のものがいい!後はダメだ!」と続いた。「ふ~ん」と私。

かぼちゃ君、おいしいけどさー切るのがかたいのですものー。かぼちゃ君と格闘すると手に豆できるんだよねー。
あーでも おいしかった(*^_^*)
さぁ これで今年の冬は風邪ひかないでがんばれそー。よっしゃー!!
[PR]
by shipshinobu | 2006-12-22 20:16 | 食べ物

渋滞

最近やっとお天気が少し落ち着いたので、千葉の館山市の佐々木塗装さんの「奥様のブログ」の夕焼け写真を見習って私もなんとか「瀬戸内の夕日」をこのブログに載せてたいと思っているんだけど・・・その時間に瀬戸内海まで帰れなーい!
その理由がこれ↓
f0118796_19571865.jpg


そう現場から帰るのにこの渋滞に巻き込まれるのである。
「も~ 早く帰らないと日が沈む~」とイライラ。
いくら広島県が西に位置しているとはいえ、冬至が明日に控えているのだから6時前にはもう・・・(泣)

ちなみに、私は広島県に初めてきたときには日が長いことに驚いたものだった。だって夏なんて7時15分ごろまではなんとか明るいのだ。会社から帰りあまりにも長ーい昼間に「この時間何をして過ごそう・・」なんて考えたもの・・・。
逆に大学時代、札幌で生活していたときには、朝日が昇るのが早い。「これだったら、目覚まし時計なんていらないなー」なんて思ったものだった。(しかーし 一週間で体は慣れ、目覚まし時計は3つほど所有してましたけどね(爆))
こうやってみると、日本の中にいても時差って味わうことできますよねー。
[PR]
by shipshinobu | 2006-12-21 19:54 | 現場にて

今年最後の・・・

今年もあと11日、それなのに今日から新たな現場・・・平成19年1月1日開店予定の「花club」さんの店舗内外塗装。

今日は朝から仮説足場を組み上げました。といってもこれは当社の仕事ではなく、いつもお願いしている「高繁工業」さんのメンバーにしてもらいます。(内緒ですがイケメン足場屋さんでしてね・・・奥さん一度見に来てくださいよ(^0_0^))

私「もしかしたら 足場をバラすの(工事が終わること)31日かもしれない。年越しそばごちそうするからさー」
親方「・・・・・・わかりました」
f0118796_19534592.jpg


そう、これから外壁塗装して、内装も・・・。うっ うっ 当然クリスマスは現場でサンタさんとお茶することになりましたわ(笑)


でもね、この「花club」さんは ブリザーブドフラワーの販売などのお店をされるんです。
これからオーナーさんになる浜野さまはやる気で燃えてましてね、一生懸命。
「お客さんが気軽によれるように」をスローガンに朝から晩まで奮闘していらっしゃいます。
そんなオーナーさんとお仕事をしていると 年の瀬も寒さも忘れるっちゅうもんですわ・・・。

そんな私たちを忘れないのが材料メーカーでして、「あのー今年の注文の最終が迫ってますからお急ぎください」なーんて冷ややか~な電話・・・。うっ そうだ、世の中はもうすぐ年末なんだったー・・・と急にあせったりします(爆)

とにかく、今年最後やー がんばりますよー。
[PR]
by shipshinobu | 2006-12-20 19:09 | 現場にて

吊ってます

今日は久しぶりにお天気が良かったですぅ。気持ちよかったー。

朝、お弁当のおかずを買いにスーパーへ行く途中にこの景色を発見!「おっ これはブログの写真に良いかも!(^^)!」とすぐ戻りカメラを手に港へ。

これは事務所のちかくの常石造船さんのドックでの風景。当然ドックまで入ることはできないのですが、あまりにも大きなクレーンのついた船でしたのでどこからでもこのように見ることができます。吊っているの何だかわかります?船の居住区です。
f0118796_22384277.jpg

船の上で船長さんとかが「おもかじいっぱーい」なーんていいながら指示を出すところ、最近ではコンピューターでするみたいですが・・・。

だいたい居住区は別で作られ、こうやって大きなクレーンのついた船でつりあげられ、船本体に設置されます。このクレーン、写真ではわかりにくいけれど、とっても大きいんですよ。

瀬戸内海はとにかく波が穏やか。最初にこの海を見たとき「湖でしょ?」と疑ったほど・・。だからこういう工事をしていても波がバッサンバッサン・・・ということにはなりません。

ちなみに当社の名前「(有)シップペイント藤田」のシップは船の意味。もともと会社を始めたときは造船所で大きな船を塗装してました。だからシップペイント。もちろん今でも従業員の半分は造船所で仕事をしています。

造船所の中もね、とーってもおもしろいのですが、また今度お話することといたします
(*^_^*)
[PR]
by shipshinobu | 2006-12-19 22:51 | その他

う~ 寒!!

今日は朝から「霜」が降りてて氷はバリバリにはってるし、寒かった~!

ここ広島県福山市は、私が18歳までそだった静岡県旧清水市と比べるとはるかに「寒い」
雪も積もるのは年に一回ぐらいだけど、平均的にも清水より寒いのですよ。
「寒~い!耐えられなーい!」と毎朝叫ぶ私でございます!(^^)!

でも、そんな私は18歳から26歳までは北海道札幌市で生活していました。
むこうは当然この時期はこんな寒さではありません。
この時期には当然のことながら雪がありますし、氷点下の日が続きます。
最初は寒さや、見たことのない雪にびっくりしてましたが、若かったのか慣れたのか(笑)、楽しかった思い出しかありません。

この時期になると札幌に帰りたくなりるのですよね、無償に・・・・。

ここ2・3日「北海道に帰りたい病」にかかっている私。年末に行こうっか・・・・とたくらんだけれど、どうみてもスケジュール的に「ムリ」 か・と。あ~(泣)雪投げ(雪かきのことです)したいな~。

写真は友達と富良野でスノーモービルで遊んでいるところです。無条件におもしろいです。↓
f0118796_21484.jpg

[PR]
by shipshinobu | 2006-12-18 21:07 | 現場にて

清水の次郎長

突然ですが、私の生れた静岡県旧清水市を少ーしご紹介することに・・・。

皆さんは「清水」といえば何を思い浮かべますでしょうかね?
「お茶・みかん・サッカー・・・・」などでしょうか。
著名人は!?「ちびまる子ちゃん」と即答した あ・な・た・ うーん正解!!(笑)

ちびまる子ちゃんよりさかのぼること186年前、山本 長五郎(通称:清水の次郎長)が生れています。

次郎長といえば・・・1868年、旧江戸幕府海軍副総裁の榎本武揚が率いていた「咸臨丸」が新政府海軍に発見され、交戦で死亡した船員を手厚く葬ったことでも有名で、その後それに感謝した山岡鉄舟や榎本武揚とも交際があったとされている人物。
また、清水港の発展のためにも尽力をつくしたとされているのですよ。

浪曲とか(私はあんまり知らないけれど・・)テレビとかでも何回か登場してきますよね。
今でも清水には「次郎長どおり商店街」があったり、梅蔭禅寺には次郎長さんのお墓があり、観光客には人気なスポットになっています。(ちなみに、ここには次郎長の子分の大政・小政のお墓もあります。)

先日帰省した際、久しぶりにこの梅蔭寺に立ち寄ってみました。そのときの写真がこれ↓
「よっ 親分!」って感じですね。
f0118796_22364497.jpg

それにしても、不思議なのは いまだになぜか「馬券」とか「競輪の券」とかそういう券がお墓のところに たくさん供えてある!?のですよ。う~ん。
資料によると「次郎長は博打を止めた人」となってるんだけどなぁ・・・。


f0118796_224452100.jpg

これは「次郎長の生家」今は、博物館になってます。

面倒見が良かったことでも知られる次郎長さん。幕末の激動の時代、ちょっと強面の次郎長さんが仕切っていた「清水」ってどんな町だったのかしら・・。

平成の世になり、清水市が静岡市と合併して「静岡市」に統合されてしまいました。
「おい、俺の名前はどうなるんだよー」と一番思っているのは彼ではないかしら!?
[PR]
by shipshinobu | 2006-12-17 21:57 | その他

年賀状

うーさっきラジオのニュースで「本日から年賀状の受付を開始~」って言ってたなぁ。

年賀状ってーーー!すっかり忘れてた!まっずーいなぁ な~んにも考えてなかった。
去年というか今年の内容は私の年「戌年」なのでいろいろワクワクしながら作ったけど、来年は・・・(イノシシ年の方 大変失礼!)
そんなグチ言っててもしょうがない、大至急考えなきゃぁーーーー(泣)
[PR]
by shipshinobu | 2006-12-15 23:18 | 現場じゃないけど仕事

足場占用許可

今日は朝から市役所へ・・・通称「道路許可」 正式名称「道路占用許可届」っていいます。

道路に足場を組む場合はこれを市道の場合は市役所へ、県道の場合は県庁へそして、警察へそれぞれ書類を提出します。

大抵は施主様のお家の敷地内に足場を組むのですが、中にはこういう風に、一般の道路に足場がはみ出る場合に許可をとるのです。
ところが、なかには許可をとらずに足場を組む業者も多い・・・と聞いたことがあります。
私には信じられません。
普段は道路のところに足場を組むのです、通行人の方がいたり、車が通ったり・・と危険です。
安全にキチンと工事を終えるためには、ちゃんと「段取り」だけは踏みたいものです。

ただでさえ、足場を組んだお宅があるときは(一ヶ月のうちほとんどだけど・・)風や大雨が降ったりした時には、夜中に見に行ったりすることはしょっちゅうです。私たちがうっかりしていると、従業員から「僕 見に行ってきます」と電話がかかってきます。
ましてや、それが一般の道路に足場が出ているとなれば・・・。

さぁ あと半月。今年も無事に工事を終わらなければいけません。
おいしいお餅を食べるために、がんばりまーす(爆)
f0118796_2032066.jpg

[PR]
by shipshinobu | 2006-12-14 20:32 | 現場じゃないけど仕事

堀内忍です(有)シップペイント藤田で常務という訳のわからないポジションについています    アスベスト診断士         静岡県旧清水市出身


by shipshinobu
プロフィールを見る
画像一覧