<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

命のバトン・・・・・・・・・2月18日(水)

今日、私が所属する一般社団法人 中国四国アスベスト調査・診断協会でお世話になっている九州アスベスト診断士協会の本山会長より一通のメールをいただいた。

その内容をそのまま抜粋させていただこうと思う。
この中にも書いてある宮崎県延岡市の同じくアスベスト診断士の坂元氏。私の何回もお会いしたことがあり、アスベスト対策に対しても熱心でそして何でもご存知の方で、私はわからないことがあると「教えてください」と聞く。どんな問題にもまっすぐに取り組む坂本氏。尊敬できる人の一人。この問題、私に何ができるかわからないけれど・・でも何か行動を起こさなければいけない時期なのかもしれない。他人事ではない。そう思う。



本山幸嘉氏のメールより

宮崎の友人から、こんなメールをいただいた。


アスベスト診断士の仲間なのだが「年度末まで忙しくなります。
連絡ができにくいかもしれません。」とのこと。

年度末だから忙しいのは悪いことではないから仕方ないなあと
メールに目を進めると「宮崎県北の医療問題に取り組んで
います」とのこと。


「県北地区の医療の最後の砦である県立延岡病院の医師達
が3月末でかなりの数で退職し医局へ戻ることになり、このままでは県北の
医療崩壊が起こることが目に見えてきました。いろんな形での市民運動が
行われていますが私が新聞社に投稿したものが、全文記事として大きく取り上
げられ新聞紙面に医療問題を考えるコーナーができるなど大きな反響がありました。


それで、あちこちの会合へと呼び出され、市民運動の先頭
で活動することになってしまいました。」という内容でした。


記事を見てみると、自分の息子さんが公園にある遊具で
たまたま起きた事故のことを記事になっていました。


写真を貼付します。が記事は読めないかも?


夕刊デイリーの本年2月10日の記事です。
地方による医療もインフラも私たちは自分たちの
手で守らなくてはならないのです。


私のメールは稚拙な文章で、申し訳ありません。
記事を読んでください。夕刊デイリーの記事です。添付します。
f0118796_15513934.jpg

[PR]
by shipshinobu | 2009-02-18 23:32 | その他

一般社団法人になりました・・・2月6日(金)

昨年の4月30日に私が所持している日本石綿協会の「アスベスト診断士」という資格を持っている人たちの集まり「中国四国アスベスト診断士協会」が、このたび「一般社団法人中国四国アスベスト調査・診断協会」になりました。


なぜ一般社団法人化にしたかというと、さまざまな理由がありますが、全員が「アスベストにたずさわる資格として重みをおきたい」という意見がありました。

確かに・・・アスベスト問題、日に日にその問題の重要さが明確になってきます。


新体制の下、新たにまたこの問題と真っ向勝負です。


一般社団法人中国アスベスト調査・診断協会のHPはこちら
[PR]
by shipshinobu | 2009-02-06 19:08 | アスベスト関連

堀内忍です(有)シップペイント藤田で常務という訳のわからないポジションについています    アスベスト診断士         静岡県旧清水市出身


by shipshinobu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る